CT室 ドアインターロックシステム
地球深部探査船「ちきゅう」のCT室に
採用されました。
lockOLYMPUS DIGITAL CAMERA

概 要

CT室専用に開発したドアインターロックシステムです。

CTの回転部分の動作を検知して、出入り口のドアをロックします。

長時間使用してもマグネットの焼き付き等は一切ありません。

停電時には自然にロック解除されます。

動作の検知はクランプ式の電流センサーを使用していますので、システムの改造なしにすぐに使用できます。

CTだけでなく、他の機器への応用も可能です。

 現在、CTメーカー殿に採用されている他、海洋科学センター殿の地球深部探査船ちきゅう号に搭載されているCT室にも採用されました。

ドアインターロックシステム仕様
電源電圧 AC100V
適合ヒューズ AC125V 1A
20mm 5φ ガラス管
マグネットロック動作電圧 DC24V
ロックオフタイマー動作時間 約15分間(固定)
外形寸法(mm) W    D    H
コントロールボックス 130 × 190 × 255
マグネットロック 65  × 60 × 170
重量
コントロールボックス 2.5kg
マグネットロック 1.1kg
基本動作
CTの回転駆動モータの電流を検知し、CT室の出入り口のドアに取り付けたマグネットロックを動作させる。ロックオフタイマーを使用することにより、15分間はインターロックがかからない状態にすることができる。ロックオフタイマーはCTの調整時や、通常作業中など一時的にインターロックを解除したい時にオペレータの判断で使用出来、その後の復帰忘れを防止出来る。

←インデックスへ戻る